Workout Blog’s
スタッフブログ

脚痩せの極意

山本 京祐

山本 京祐

ボディメイク部門

脚痩せについて

脚が太くなる理由は3つあります。
①脂肪で太くなる
②筋肉で太くなる
③脂肪と筋肉で太くなる

基本的理由は上記3つです。

①脂肪で太くなる場合は
筋トレで簡単に改善できます。

この場合は単純に体脂肪が多いケースになります。
体脂肪率が高いということです。

簡単に説明しますが、
まず筋トレをして筋肉をつけます。
基礎代謝が上がり、以前より太りにくい身体になります。
プラス食事等気を付けて脂肪を落とすことができたら、
体脂肪率が下がっていきます。

脂肪で太くなっていた脚は改善されるでしょう。

ダイエットに関して詳しくは過去のブログをご覧ください。

 

ただ、②③のケース
筋肉が原因で太くなっているという場合も多くあります。

よくスクワットしたら細くなる!
とトレーナーがいっていることを耳にしますが
半分正しいですが、半分間違っていると
私は思っています。

基本的に骨盤の歪みで脚の太さが変わります。

骨盤が前傾しているケース
とにかく前のめり、前重心で立っている方です。
反り腰でお腹が出ているようにみえます。
また、
前モモや横モモがパンパンに発達して
がっちりした太い太ももになりやすいです。

骨盤が後傾しているケース
上半身が後ろ傾きがち、猫背で下腹がでるケースがあり
後ろモモ、お尻、ふくらはぎが張りやすいです。

この骨盤の歪みが脚の太さの原因ということです。

基本的には
骨盤前傾は前モモが張っているため、
前モモのストレッチ

骨盤の後傾は太もも後ろ・お尻、ふくらはぎが張りやすくなります。
ここのストレッチが必要です。

こういったことで改善できます。

脚痩せには筋トレというより
ストレッチをメインとして骨盤の歪み改善をしたほうがいいという

お話でした。

 

ただ筋トレも組み合わせた方がいいです、、

次回ここについても詳しく書いていきます!